オンラインで学ぶ英会話

オンライン英会話で先生を選ぶ時のポイント

オンライン英会話で先生を選ぶ時のポイント 今年こそはオンライン英会話に挑戦したいと思っている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
オンライン英会話のサイトは数あるものの、いざとなると先生の選び方に迷うものです。
ポイントの一つ目は、ネイティブでなくてもいいので、講師歴が3年以上の方を選ぶということです。
英会話といえば、イギリス人、アメリカ人ではくては!と決め付けていませんか。ネイティブだからといって教えるのがうまいとは限りません。
教え方を学んでいないネイティブよりも講師歴がある程度長い方を選んだほうが安心です。オンライン英会話では採用の選考基準があるため、それほど訛りのひどい方が在籍していることはありません。
二つ目は、日本語が話せない先生を選ぶということです。日本語を話している時間は、英会話力は一切伸びません。
日本語に甘えないために日本語の出来ない方を選びましょう。三つ目は、ビデオレッスン可能な方を選ぶことです。理由としては、顔が見えた方が意思疎通がしやすいこと、また、口の動きが見えると発音が良くなるからです。
最後は、英会話を「会話」として楽しむために、共通の職歴・趣味を持った方を選びましょう。
普段の会話でもそうですが、好きなことを話している時間はあっという間で、話も盛り上がりやすいです。
もっと話したい!という気持ちがあなたの英語力を底上げしてくれます。以上、4つのポイントをご紹介しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

オンライン英会話で気に入った講師を見つける方法

オンライン英会話で気に入った講師を見つける方法 オンライン英会話はレッスン料金が安いのが最大の魅力です。レッスン料金はサイトによって異なりますが、安価なオンライン英会話の方がフィリピン人講師の比率が高くなっています。
フィリピン人の話す英語は完璧なネイティブではありませんが、英語のアウトプットの場としては十分な学習効果があります。
しかし発音の矯正やネイティブの表現を多く学びたいという目的であれば別の国の講師を選ぶ方が良いでしょう。
ネイティブスピーカーの定義は難しいのですが、アメリカ人とイギリス人では英語の表現方法や発音が微妙に異なります。
もしもアメリカ英語が学びたければアメリカ人を選び、イギリス英語を学びたければイギリス人を選ぶ方が良いでしょう。
また初心者から中級者の間は日本語もできる講師を選んだ方が学習効果が上がります。
細かい英語のニュアンスを訪ねたいときは日本語でなければ難しいからです。英語のみの環境を作るのは上級者になってからが良いでしょう。